• トップ

歯科医院のクラウンは種類がある

治療

歯科医院に行く理由で多いのが虫歯です。虫歯を放置しておくと口の中だけではなく、全身の病気を引き起こす危険があるので、早めに歯科医院に行くべきです。歯科医院では、歯が虫歯になったりして大きく壊れてしまった場合などに金属などで修復します。その修復物をクラウンと言い、機能・形・美しさの回復が目的です。クラウンは歯の一部分だけ修復する場合、歯の全部を修復する場合、神経を抜いた後に、歯冠部分を切り取って、根管に維持を求めて歯全体を修復する場合があります。前歯に使うクラウンは硬質レジン前装冠・セラミック・ハイブリッドセラミックスがあります。硬質レジン前装冠は保険適応になります。これは、金属冠の前から見える部分にプラスチックを貼り付けて作ります。プラスチックは多孔性なので、唾液や水分を吸収します。その為、変色を起こしやすいという欠点があります。セラミックは保険適応外で、プラスチックの変わりにセラミックを使います。見た目が自然の歯に近く、変色を起こしません。金属を使わないで全部セラミックで作るものもあります。ハイブリッドセラミックスも保険適応外になります。従来のプラスチックでは水分の吸収や摩耗が欠点でしたが、改善されています。適度に柔らかいので、使う場所によって有効です。見た目はセラミックに近いです。この3種類のクラウンの中では、硬質レジン前装冠だけが保険適応なので、これにする人が多いです。

 

LINEで送る