• トップ /
  • 歯科でのクラウンの修復

歯科でいう銀歯って、いったい何

治療

歯科の治療の中で冠をかぶせるという行為があります。冠はクラウンとも呼ばれ、歯茎から出ているいわゆる歯の部分です。虫歯など歯の一部がなくなるとそれを修復するために人工素材のものをかぶせ、歯のかわりとします。それが冠をかぶせるという治療行為になります。歯科医院で治療したあと銀歯になったという言い方をする人がいます。それはまさに金属製のクラウンをかぶせたということになります。我々が一般に銀歯と呼んでいるものは正式には2種類のものが考えられます。一つめは金銀パラジウム合金です。歯科では一般的に多く用いられる素材です。歯科医院などの現場では「金パラ」と略して呼ばれています。奥歯に対してはこの素材のまま用いられ、前歯部については、見える部分が白くなっており、裏側が金パラという前装鋳造冠というタイプのものが使われます。保険適用です。二つめは銀合金です。これは永久歯には用いられません。先に述べた金パラに比べると安価で、時間がたつと色が変色し、黒っぽくなってしまいます。耐久性からいっても金パラに劣ります。そのため、乳歯に用います。乳歯であれば、いずれ永久歯に生え変わるため一時的です。一口に銀歯といってもクラウン修復にはこのような違いがあります。

 

LINEで送る