• トップ /
  • 歯科医院で使われるクワウン

歯科のかぶせものの材料

治療

歯科医院で、歯を大きく削ると詰め物では対応できなくなってしまうので、かぶせものをします。かぶせもののことを、クラウンと呼び、材料にもいくつかの種類があります。歯科医院で一番使われるクラウンの材料は、金属のもので、一般的に銀歯と呼ばれています。保険が適応されるので安く治すことができるメリットがありますが、見た目がいいとは言えません。そこで最近はセラミックをクラウンに使用するようになりました。セラミックは白い透明感を持つ素材で、自然な見た目が特徴です。強度もあるので、前歯だけでなく奥歯にも使うことができます。歯科でセラミックのクラウンは保険がききませんが、その分美しい治療ができるので、患者さんからの満足度も高いです。本物の歯と見分けがつかないほどのレベルで、前歯に使っても問題ありません。歯科では、患者さんのお口に合わせて材料を選んでいます。セラミックは強度がある素材ですが、一カ所に大きな力がかかると割れてしまうことがあり、歯ぎしりの癖があると使うことができません。そのような場合は、プラスチックを混ぜたハイブリッドセラミックと呼ばれる素材を選択するなど、患者さんの状態に合わせて最適な材料を使用しています。

 

LINEで送る